車買取り相場を知ろう

車の買い替えや売却を考えた時今自分の車はいくらで売れるかは一番気になることです。
概算でも自分の車がいくらくらいで売れるか知っておくことは新しい車を購入の際の予算にもなるため
早々に調べておきたいところですよね
単に車を手放すというときにもやはりより高く査定してもらいたいということには変わりはありません。

 

車を購入する際はディーラーの言い値でそのまま下取りに出してしまう方がいますが実はそれは
非常にもったいないことをしています!

 

ディーラーよりも中古車販売店の方が様々な販売網を持っているために高く買い取ってくれる確率が非常に高いのです!
まとめますと車は下取りよりも買取業者に見積もりをしてもらうことがお得になります!

買取業者に見積もりを依頼

車買取は今では自分があちこちのお店に行って査定を受けに行く手間もなくなり、インターネット上で一括査定を申し込んで簡単に査定額を出せるようになりました。このサービスはまずウェブ上で申し込みを行いますが、一回の入力でサイトに加盟している車買取店が査定を行い、その結果をメールで知らせてくれるサービスです。

 

今まではあちこちのお店に査定を受けに行った際、申し込みの時に提出した書類から自分の元に営業の連絡がたびたび入ることもあり、その都度対応しなくてはならないことが大変でした。これは実際に査定を受けたために車買取に至るまでの経過を早くすすめたいために買取業者の方から連絡が入るようになります。査定を受けたということは車買取までの可能性があると買取店側は判断します。

 

そのため最終結果が決まるまでの間は営業の連絡がしつこく来ることも起こります。しかし一括査定のサービスを受けた段階でしたら、まだ実際に車を見ての査定が行われず概算の状態です。しかも一括査定のサービスを提供する加盟店側は競合他社の存在も把握しているので、あくまでも実際の査定を申し込みしてもらうことを待つ状態にあります。つまりこちらが査定をどこか1社に申し込みするかどうかを選択できることになります。

買取業者に依頼するなら

オンライン査定なら一括で複数の業者に
見積もり依頼が可能。
より高く査定してくれる業者を簡単に探せる

 

まずは自分の車の相場を知るためろう簡単入力で無料で相場がわかります。

査定を受ける前に用意しておくものは?

車査定には車検証や自賠責保険証書が必要になりますが、この書類に関しては車検証と一緒に車に保管されているのが普通ですから、車査定を受ける際には特別準備するものはないのが一般的です。

 

車検証と自賠責保険証書を車の中に保管していない場合には忘れずに持っていく必要があります。

 

車査定では用意する書類は少なくなりますが、売却する場合には用意する書類が多くなりますので、忘れずに揃えておくことが大切です。特に売却した金額を次の車の購入費に当てる場合には、手続きが長引くと次の車の購入が遅れ納車も遅れてしまうのです。

 

売却時には車査定で必要な書類の他に自動車税の納税証明書や実印、印鑑証明などがあります。車検証の住所と現住所が異なる場合には住民票が必要になりますし、所有者がローン会社になっている場合には所有権を解除するための書類が必要になってきます。車査定と売却時には用意する書類が異なりますので、スムーズな手続きを行う場合には確実に揃えておくことが大切です。車査定や買取りではトラブルの元となる車両は敬遠されてしまいます。
一般的に所有者であれば必ず持っている書類に不備があると問題のある車という印象を持たれてしまいますので、用意する書類は確実に揃えておくことが大切なのです。

洗車をしておこう

中古車査定では車の状態を良く見せることが高額査定を引き出すコツとなりますが、洗車をした方がいいのかで悩むこともあります。綺麗になることで洗車傷が目立ってしまうのではないかという不安もありますが、中古車査定では洗車傷程度の傷は大きなマイナス査定にはなりませんので、綺麗に見せるためには洗車をすることがポイントになってくるのです。オークションなどでも2cm程度までの傷が数カ所程度であればほとんど査定額に影響しないのが普通です。中古車査定で減額となるのは基本骨格まで損傷の及んだ修復歴車となりますので、洗車傷程度であればそれほど気にする必要はないのです。むしろ小さな傷を気にするあまり汚い状態で査定を受けたほうがマイナスとなるケースが多くなります。中古車査定ではボディの洗車や室内清掃などによって丁寧に扱われて車だということをアピールすることが大切なのです。中古車査定の基本を分からなければ高額査定を得ることができませんので、知識を得ることが大切なのです。洗車傷程度であればボディ用のケミカル用品を使用すれば傷を目立たなくすることが可能ですから、中古車査定の前にはできるかぎり綺麗に見せる努力をすることが大切なのです。

 

車の査定師はあなたの車のココを見る!

外装 ボディ全体の汚れ、キズ、ヘコミ

ボディカラー
エアロパーツ
ナンバープレート
前後左右のガラス
サンルーフの動作
ボンネットや天井の状態
ヘッドライトやテールランプ
ラジオ、テレビ等のアンテナ類
ドア、ウインドウの動作

内装 ルーム全体の汚れ

喫煙による影響
シートの状態
オーディオ類とスピーカー
カーナビ
ハンドルやメーター類
エアバッグ
トランクスペースの状態
スペアのタイヤ
付属の装備品

足回り

タイヤやホイールの状態
車高
タイヤハウスの状態
マフラーの状態
オイルの漏れ
パーツのキズ、ヘコミ、錆

エンジン等 バッテリー

エンジンオイル
修復歴の確認
エンジン
改造パーツの有無

etc

メーカー、車種
年式、グレード
走行距離
車検証整備記録簿
取扱説明書
車検の残期間
キー
純正部品

 

車買取り相場のQ&A

キズ・ヘコミは、どのくらい買取価格に影響する

キズやヘコミの程度や部位によって、査定額への影響は大きく異なりますので簡単にいうことはできません。
コンパウンドなどで磨くことで落ちるような傷については査定には響かないと考えてよいでしょう。
自己流で車用のペンなどで修復してもかえって傷が目立ってしまうケースもありますので自分でメンテナンスも
しっかりできるようでなければ無理にしないほうがよいでしょう。
査定前に車をきれいにしておくことはしっかりしておいたほうがよいでしょう。
大切にされていた車だと交感がもてます。

 

車の出張査定では実際にどこをみるの?

まずは車検証の情報を確認をし内装・外装の状態、修復歴、走行距離を確認します。備記録、修復歴なども査定もみます。
オプション装備はプラス査定になる場合がおおいのでそのまま売却してもよい方はその旨を伝えましょう。
概算では30分くらいを要します。

 

車売却の際に必要な書類は?

 

車を売却しようとするときには必ずいくつかの大事な書類が必要になります。基本的には売却予定の車の車検証は絶対に入ります。

 

それから自賠責保険証ですね。この二つは必ず車に常備しているものと思います。なのでこの2つは忘れないようにと気を使うまでもなく、売却時にもっていくことができますね。それから他にも印鑑証明書や実印が必要となります。売却時に買い取ってもらう業者によっては他にも書類が必要な場合もあるんです。必ず事前に何の書類が必要なのかを確認しておく必要があります。必要な書類を前もって確認して用意しておいて、売却時にしっかりと持っていけば売却の契約をスムーズに済ませることができますよ。書類がないからまた来店しなければいけなかったり、郵送しなければいけなかったりだなんてめんどうくさいですもんね。なのできっちりと最初に用意しておくとよいでしょう

更新履歴